栄養価の高い新種のベリー|認知症にならないようにフェルガードを飲むようにしよう

認知症にならないようにフェルガードを飲むようにしよう

栄養価の高い新種のベリー

栄養剤

多く含まれている成分

ボイセンベリーは、ラズベリーとブラックベリーの掛け合わせで誕生した、新種のベリーです。他のベリーと比較すると、一粒一粒が大きめで、しかもその中には多くの栄養分が詰まっています。特筆すべきはエラグ酸で、これは同じく栄養価が高いことで知られているブルーベリーの数百倍となっています。エラグ酸には抗酸化力があるので、ボイセンベリーを食べることは、細胞の酸化を防ぐことにつながります。つまり食べることで、酸化による老化現象が起こりにくくなり、若々しい体を維持できるようになるということです。さらに、目の機能を維持するアントシアニンや、血液のもととなる鉄分や葉酸も多く含まれています。そのためボイセンベリーは、眼精疲労や貧血の予防にも活用されています。

サプリメントやエキスで

ボイセンベリーは、そのまま食べることもできますが、酸味がやや強いため、ケーキやタルトの飾りによく使われています。甘味のあるスイーツに添えることで、その酸味が良いアクセントとなるからです。しかしスイーツの場合、甘味がある分、食べると糖分を多く摂取することになります。また、添えてある量は数個程度なので、より多くの量をヘルシーに摂取するために、サプリメントを利用するという人もいます。サプリメントには、1粒あたりに数十個分ものボイセンベリーの栄養分が詰め込んであります。それでいて、糖分は含まれていませんし、酸味も気にせずに飲みこむことができるのです。また、ボイセンベリーから抽出したエキスも販売されています。他の飲み物やヨーグルトなどに混ぜることで、ボイセンベリーの栄養分を手軽に摂取できるのです。